帰らないというバイク王の評判は本当か

バイク王といえば買取のお店として有名で、査定の手軽さや価格の高さに定評があります。

ポジティブな評判の裏には、同時にネガティブなものも少なからずあって、それを含めて同社の評価に結び付いています。

例えば、帰らないというのがネガティブな評価の1つで、利用を検討している人は本当にそうなのかと疑問に思うものです。

この意見にはいくつかの理由があって、営業がしつこいからではないことに注意が必要です。

相手の立場を考えてみると分かりますが、査定に訪れたスタッフは買取を目的として足を運んだわけです。

成約できれば実績に繋がりますが、逆に見送りとなれば手ぶらで帰ることになります。

心理的には、何としても成約に繋げたいというのが本音で、査定したバイクは買取って持ち帰りたいと思うはずです。

つまり、バイク王の立場になってイメージしてみれば、この帰らない評判はある意味で当然だと分かります。

どの程度粘るかはその人によるので、アッサリと諦めて帰る人もいれば、5分10分と交渉を続けようとする人もいるでしょう。

一方では、何分の交渉で長く感じ始めるかという、利用者側の感じ方も関係してきます。

 

時間を無駄にしたくない人なら5分でも長く感じるでしょうし、時間に余裕があって話し好きであれば、多少の引き伸ばしは苦にならないものです。

査定を行うスタッフは、買取の交渉を前提に顧客の要望に応じているわけですから、なるべく売りたくなるように会話を引き伸ばして誘導します。

もし金額に納得がいかない場合は、希望額よりもやや大きめの額を提案してみて、その反応から交渉を続けるか検討することをおすすめします。

勿論、大幅な買取額のアップはバイク王にとって難しいので、少しずつ妥協点を見付けていくような交渉が必要です。

帰らないという評判を逆手に取り、むしろこちらから積極的に交渉しようとする姿勢を見せることで、時間的な無駄がなくなり納得の結果も得やすくなります。
相手が乗り気ならもうひと押し、査定額が上がらないようなら早めの切り上げが無難です。

最終的な金額に納得できないのであれば、態度を明確にしてその額では売らないということを伝えましょう。

それこそが交渉の基本で、特定の買取サービスに限らない利用者側の姿勢となります。

交渉以外の場面でも、バイク王には時間が掛かって中々帰らないとの評判が存在します。

 

これは査定に時間が掛るのが理由の1つで、相場情報をもとにバイクの状態を個別に判断して、最終価格を決定することに関係しています。

ある程度の時間が必要となるのは、仕方のないことだともいえますから、痺れを切らしてイライラしてしまうのは間違いです。

査定を依頼する時は時間に余裕を持たせ、都合の良い時に来てもらう必要があります。

 

反対に気持ちに余裕がないと、中々帰ってくれないという錯覚に陥りがちになるので、気持ちに余裕を持つことは大事です。

交渉はある意味で根気の勝負ですから、長期戦に備えて準備をしたり臨む点が重要となります。

また、どちらがペースの主導権を握るかによっても結果は違ってくるので、ペースを乱さないように心掛けましょう。


相手の粘り強さは本物で、交渉の経験が豊富なプロですから、相手にペースを乱されないよう注意するのがポイントです。

交渉が希望通りに進まず、期待の価格で買取ってもらえない雰囲気になったら、売却を拒否して帰ってもらうのが賢明です。

査定価格が成約に至らなかった、そうバイク王のスタッフに伝えることで、帰ってもらうことができます。

それでもまだ粘ってくるようなら、成約の見込みはないことをハッキリと態度で表して、諦めさせることになります。

粘る相手は根負けを狙ってくるので、断固とした態度を取り続けることが、帰らないという評判通りの結果にしないコツです。

態度の維持に自信がない場合は、誰か頼りになる家族や友人にいてもらい、交渉で負けそうになったら交代してもらうのがベストです。

誰でも1人だと弱気になりがちですし、特に査定の交渉が始めてとなれば、売却しなければいけない気持ちになりやすいです。

バイク王は、買取を中心に力を入れているサービスなので、査定から成約までの押しが強く、やや消費者を引かせてしまうこともあります。

 

ただし、それは交渉を担当するスタッフによる部分が大きいので、必ずしもそうとは限らないことに要注意です。

万が一、評判のように帰らない相手に当たってしまった時は、態度を明確にして変えないように心掛けたり、応援を呼んで交渉をお願いするのが良いです。
後は交渉の決裂を明らかにして、まだ居座るなら更に強固な対応を示唆することが大切です。

警察への相談は最終手段ですが、選択肢としては強力で相手も引かざるを得なくなります。

交渉の強引なやり方にも限度がありますし、同社も無用なトラブルは避けたいものなので、極端に常識ハズレの居座りが続けられるケースは稀でしょう。

噂のような事実がないともいえませんが、企業の評価に関わるデメリットを考慮すれば、実際にはそれほど起こらないと考えられます。